読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイペース数学者のブログ

大阪在住数学者のブログです。どうしても、数学関連のことがメインになると思います。

図書館通い モンゴル帝国など

最近、図書館をよく利用している。阪大の総合図書館、数学科の図書室、石橋駅付近の図書コーナー。順に、自分の興味全般、数学関連、子供の絵本、を主に借りるのに利用している。総合図書館は最近まであまり利用していなかったんだけど、文庫、新書、ブルー…

Opposites続編希望

bloggerからはてなブログへの引っ越しが完了。初のちゃんとした記事の投稿。 帰国まであと1週間を切った。別れの季節です。この1週間ぐらいは、仲良くなった人たちと別れの挨拶をすることが多かった。いろんな国の人と知り合えたから、いつか訪ねていって再…

"Useful"

まえの投稿で書いたManin, "Mathematics as Metaphor"のエッセイをいくつか読んだ。これらから触発されて、何か気の利いたことでもブログに書きたいと思ったけど、情けないかな何も思い浮かばない。でも、ちょっと気に入った部分があったので引用する。Usefu…

一息つこうか

ここ数日は変な天気が続いていて、昼頃に嵐が来たと思ったら、すぐに晴れる。でも、この時期、この辺の天気は大体こんな感じらしいとも聞いた。今日、依頼されていた日本語の書き物を二つ提出して、肩の荷が少し下りた。二つとも少し前に書き上げていたのを…

"The Martian"を読んだ

帰国まであと3週間ほど。ドイツとフランスの半年ずつの滞在は、慣れた頃に去ることになるのが残念。帰国後のことをいろいろ考えたり、家族でもいろいろ話すことが多くなってきている。帰ったら、あれを食べたいなどと言い合っている。日本から持ってきたキン…

Edward Frenkel, "Love & Math"

Edward Frenkelの"Love & Math"という本を読み終わった。ソ連出身のUC Berkeley教授が書いたこの本は、彼の人生と数学の魅力とともにラングランズ対応という現在の数論の主要テーマを一般の読者(非数学者)向けに説明するという、野心的な内容だった。まず…

Mathematicians: An Outer View of the Inner World

"Mathematicians: An Outer View of the Inner World", Mariana Cookこの本は、多くの数学者の写真と本人による短い文章がセットで載っている。大学の談話室に置いてあったのだが、気に入ったのでKindle版を買って読んでいる。文章は、主に生い立ちや、数学…

初ブログ

年が明け、明日は初講義。年末年始はのんびり過ごしたけれど、年末に美味しいものを食べすぎたせいか、体調を少し崩してしまった。特に胃の調子が悪くなり、胃酸過多などあまり経験の無い症状も出ていた。今日はかなり回復して、ほぼ正常の状態になった。大…

やがて哀しき外国語

村上春樹の「やがて哀しき外国語」を読んだ。村上春樹の本は「ノルウェイの森」を呼んでとても気に入って、他の本もいくつか呼んでみたけど、いまいちふわふわした印象が残るだけで、あまり惹かれるものが無かったので、その後しばらく呼んでいなかった。今…