読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイペース数学者のブログ

大阪在住数学者のブログです。どうしても、数学関連のことがメインになると思います。

科研費獲得失敗!

新年度が始まった。学生がキャンパスに戻ってきて、初々しい新入生もいて、大学の春です。いろんな手続きや、新しい講義の準備や、新しい分担の仕事が始まったりと、慌ただしい。ちょっと前に、なんとかかんとか年度末を乗り切ったと思ったのに…そして、いき…

次男誕生、学会講演、研究集会@阪大、論文仕上げ、などなど

前回の更新から今まで、いろいろのことがあった。まず、次男の誕生。予定より大分早く産まれた。ちょうど、いろいろな業務のないときに産まれてくれたので助かった。これは、長男の時もそうだった。お腹の中から、父親の仕事を気遣ってくれているのだろうか…

非線形作用のマッカイ対応

正標数の有限群作用を扱う場合は、非線形作用も攻略しなければ、完全な理論と言えないが、これまでの自分の研究では線形な場合だけを考えていた。それを非線形な場合に拡張する研究を再開した。以前考えていて、ある程度論文に書き始めていたけれど、いろい…

修論発表打ち上げ@長光

今週の水曜と木曜に修論発表会があった。発表したゼミ生は無事審査を通り、ひと安心。指導する側としては、苦労もあったが、一つの大事な役割を終えたという達成感を味わっている。昨日、金曜は、打ち上げで長光という中華料理屋にゼミの院生と行った。この…

論文執筆&シェーバー新調

後期の講義が全て終わった。(まだ1つ残ってるけど、講義の準備は全部終わった、の間違いだった。)期末テストや修論指導などが残っているけれど、少し時間が出来たので、以前から内容は出来ていたけれで書いていなかったものを論文に書いた。論文の骨格は大…

初ブログ

年が明け、明日は初講義。年末年始はのんびり過ごしたけれど、年末に美味しいものを食べすぎたせいか、体調を少し崩してしまった。特に胃の調子が悪くなり、胃酸過多などあまり経験の無い症状も出ていた。今日はかなり回復して、ほぼ正常の状態になった。大…

ゼロの発見

大学の後期もほぼ半分が終わり、早かった気もするけど、残り半分が大変なんだよな。年末に英気を養って、1月から2月頭の山場を乗り越えよう。冬と言えばミカンの季節だけど、2歳の息子はミカンが大好き。晩ご飯の後によくミカンを食べるのだけど、ミカン…

野生マッカイ対応。少し認知されたかな。

2年少し前に研究を始めた野生マッカイ対応(wild McKay correspondence)。進めていくうちに、特異点(特に有限群作用による商特異点)と数論との関係が見えてきた。もちろん、まだまだ分からないことも多く、数論で研究されている暴分岐(wild ramification)…

数学研究は1人でする?みんなでする?

数学の研究は伝統的に1人ですることが主流だったし、多くの人もそのようなイメージを持っていると思う。机に向かって計算をしたり、1人で考え込んだり。科学研究全般では、複数人の研究者が共同で研究を行い論文を書くことがどんどん増えているようだ。特…

今年はまだかろうじて元気です。

だんだん寒くなってきた。季節の変わり目に、仕事の疲れも合わさって風邪を引かないかと心配しているが、今のところ今年はまだ風邪を引いていない。去年はこの時期に風邪を引いてから、こじらせてしまった。1ヶ月ぐらい風邪っぽくて、治ったと思ったら、ま…

なんとか10月を乗り切った…

後期は担当講義が前期より多いので、忙しくなるのは分かっていたのだけど、ほかにもいろいろな仕事が重なって、10月はとても忙しかった。仕事とは、科研費の申請書類だったり、以前書いた論文に対する査読の結果が戻ってきて、査読者の意見に従って論文の…

やがて哀しき外国語

村上春樹の「やがて哀しき外国語」を読んだ。村上春樹の本は「ノルウェイの森」を呼んでとても気に入って、他の本もいくつか呼んでみたけど、いまいちふわふわした印象が残るだけで、あまり惹かれるものが無かったので、その後しばらく呼んでいなかった。今…

ブログ、再スタート

Bloggerでブログを再スタートした。ちゃんと継続できるかは、もちろん分からない。Jimdoで作った自分のホームページでも、以前ブログを少ししてみたが、途中で止めてしまった。このJimdoのブログは機能的に貧弱であまり使いやすくなかったというのは、いいわ…