マイペース数学者のブログ

大阪在住数学者のブログです。どうしても、数学関連のことがメインになると思います。

間違ったアイデアの蓄積

ドイツ滞在もあと残すところ1週間ほど。長かったような、短かったような。小さい子を連れての海外滞在は少し大変ではあるけれど、その分楽しいことのたくさんある。何にしても研究面で充実していることは間違いない。フランスでもう半年、目一杯頑張らんとイカンなあ〜。いよいよ去るとなると、ボン(滞在中の街)も名残惜しい。
ところで、数学研究での指針だったり金言だったりTIPSだったり、日々いろいろと心に思い浮かべたり、いろんな本や記事で読んだりすることはあるけど、僕のこの性格からあまりアウトプットすることがなかった。でも、半分は自分のために、どこかに書き残しておきたくなってきた。研究者(主に数学者)のエッセイなどを読むと、多くの人が同じようなことを言っている。そういうものの中から、自分に心に響いたものを少しずつ気の向いた時に書きたい。

間違ったアイデアが積み重なって問題が解ける

いいアイデアを思いついたと有頂天になり、数日から数週間ウキウキしていたら、ある日全く間違っていたことに気が付きガッカリするということはよくある。数学者ならだれでも何度も経験すると思う。しかし、それは無駄なことではない。間違いに気がつくことは理解が深まることである、というのがひとつ。それ以外にも、一つの問題に対しあれこれ考えをめぐらし、間違ったアイデアたくさん積み上げると、ある日それらが少しずつ形を変えつつも組み合わさり問題が解けることがある。失敗してもすぐに諦めず、何度も色んな角度からチャレンジすることが大事なんだと思う。